レオパレスってさ、なんで全面曇りガラスなん?

前も後ろも横も全て曇りガラス…

こんなん精神病むで…

 

つーか2階の足音響きすぎ…

 

なんか俺軟禁されてるみたいやな

黒い帆布のバッグは色移りしやすいなあ

レオパレスに引っ越してから、ワイシャツが青くなる現象が

発生してたんですよ。

最初は、アマゾンで買ったカラータオルから色移りしてると

思ってたのね。

色も青とか緑とかあるし、何よりも拭くと体がヌルヌルする

(数回洗っても同じ)ようなタオルだったので、こいつが黒だろうと、

 

ところが、今日突然大雨降ったんですよ。

折り畳み傘はあったけど、臨時用だから防げてなくて、

カバン少し濡れてた。中もちょっと浸透してた。

 

とりあえず、水吸いとるためにタオル当てたら、

青くなってたんですよ。

 

「あっ」っと思ってワイシャツとシャツ見たら、

案の定真っ青だった。

 

これで3枚目だよ…長期外出だと結構痛い…

 

というか、黒い帆布でも色移りするときは青だったりするのね。

緑とかならイメージできるけど、犯人わからんかった。

 

結構頑張って探したお気に入りだけど、

仕方ない。オフで使うことにしよ…

 

問題は、これから使うバッグだよ、最近バッグ買いすぎだけど、

また買うのか…

 

 

 

iPhoneを手帳式カバーに変えたら使いにくくなって利用時間減った

スマホ中毒から抜け出す強力な武器やな。

 

元々は通知を見えなくするために、つけたのだけど…

 

使いづらくなって、見られてはいけない通知を出すアプリも使わなくなってしまった。

 

放置してる時とかに万が一他人に他人に見られちゃいけない通知を隠すためにカバー買ったのに、

 

そのアプリ削除したら意味ないじゃーん!

 

まぁ、スマホ中毒から抜けられそうだからいいけど。美味しい副作用。

2月74kg → 4月78kg → 7月 84kg 完全にリバウンドした件

2月の段階で、目標体重70kg目前となったが、3-4月でお菓子を食べるようになってから一気に転落、そして今では84kgとほぼリバウンド。

 

特に4-7月はお菓子に加え、食パン一斤を一食に食べてた過食状態が良くなかった。ドンキホーテの食パンやすいしうまいからつい…食べ過ぎてしまった。しかし、食パン何もつけず食べ続けるなんてイかれてるなぁ。過食以外の何者でもない。

ちなみに、ハムやチーズを挟むと満足度が上がって二枚程度で落ち着く模様。…食事はようわからん。

 

これで2年連続リバウンドして元に戻ったってことになる。

 

ただ、今回絶望感がないのは、トレーニングを習慣化できたということ。

筋肉量は29kgと悪くはないし、毎日無理なく筋トレ続くようになったのも良い。

 

ただ、ウォーキングの頻度が下がってしまったりしているのも事実。とはいえ、毎日10000歩は歩いているのだが…。今回はトレーニング + 食事法でどこまでいけるか試してみるが、どこまで落ちるんだろう。

 

食事についてはyazioというアプリにお任せ。

マクロ食事法という、栄養学的に一番大事な要素にフォーカスを当てた食事内容を提供してくれる。

 

マクロ食事法というのは炭水化物・タンパク質・脂質の三大要素をバランスよく取得する食事法。流行りの糖質制限や炭水化物制限も本来はこのバランスを考えた上で行わなければならない。

 

もう正直ウォーキングに一日2時間もかけてたら痩せるには痩せるけど、スキルアップとかに当てられない!

せめて運動時間は1時間程度(通勤でウォーキングは毎日30分はするから、それのぞいて1時間)で抑えないと、デブであるがゆえに、健康体のやつにスキルで負けるという状況に陥らざるを得ない。結婚してる幸せ者の方が、料理や家事をしてくれるぶん、仕事のパフォーマンスが上がるみたいな。そういうのは嫌だから、ほんとどうにかしたいんですよ。

 

まぁ、リバウンドぶんは少なくとも今年中に取り戻せるでしょうし、焦らず、アクティブにやっていくか

C言語って難しいよなぁ。

ポインタが〜とか言われる言語だけど、ポインタ理解できてないと、入り口に立てない言語だよなぁ。

ポインタでつまづく、とよく言われるが、

ソース読むうちに開眼できないようではまず詰む。

関数ポインタやコールバックは当たり前のように使われており、それを読んだり書くうちに挙動や仕組みを理解できないと、ソースを改造することすらもできない。

 

また、ポインタ関係ないけど、非同期通信が絡めばソケット周り、select、fork、joinは当たり前のように理解してないとダメ。

 

システムコールも最低はexec系統抑えとかないと、めんどい。で、システムコール使うってことはエラーの黄金律やerrnoは当然しってるよな?と。

 

プログラミング以外にも

コンパイル、リンクもできて常識。

 

静的ライブラリ、共有ライブラリそれぞれ作れて、それぞれが混合しててもリンクできるようにする。

 

もちろん、それはMakeで自動化されてる。

 

と、Cは当たり前扱いされてる部分のハードル高いよなぁって思った。

 

 

macbook 新型出たね。

macbookは新型出るだろうね、と思ったらきたね。CPUがkaby lake搭載、SSDが50%速度向上、あとCTO限定?だけどRAM MAX16GB積めるようになった。

いや、わかってて今年の5月に2016年モデル買ったけど、早漏すぎたな。素直にボーナスまで待てなかったのか…。というか、どこにもほとんど在庫ないから新型出ることは半分以上わかってたよ。俺が買ったヨドバシ梅田で普通に2016モデルが在庫処分セールで売り出される光景が目に浮かぶ…、去年見たし。セールやってるの。

 

つーか、ヤマダの店員さんが「取り寄せに3-4週間かかる」というのと、新モデル発売日が完全に一致してた。もう、これ以上ないフラグだったから薄々わかってたよ。もう。

 

しかし、macbook自体最高なので、早く手を取れた、と言うことの喜びがでかいのであんま後悔はしてない。覚悟はしてたからね。

 

話は変わって、macbook pro。こっちも、全機種kaby lake搭載の新モデルが!!!

これはびっくり。2016年11月に新モデル出たばっかりだったので、タッチバー付きの新型以外は出ないと思ってた。実際、ヤマダの店員さんとかは「macbook proは新型出ないんじゃないすかねー、11月に出たから」とか言ってたし。ヤマダの店員さんが知るわけないと言うのはおいといて。

appleの慣例ぶち壊す勢いですね。

基本、CPUの新世代出てもすぐには載せないし、それだけでモデルチェンジはしないというのが慣例だったから。

これはkaby lakeにはそれだけの価値があるのか、それともただ新しいから載せたのか…

 

正直、CPUって15インチのretinaあたりだと、3年前くらいのモデルから、さほどスペックアップ、というかベンチマークのスコア変わってないので、あんま気にしないのですが、それでもこんなすぐに載せ替えてきたことって今までなかったので、

どことなく、appleになんか焦りを感じるんだよなぁ。

他社に負けないよう、スペック意識してきてる気がする。

 

ただでさえ、macは買い時がわからないと言われてきてたのに、他社並みに新モデル出すようになったら、もっと手が出なくなるだろうに…。

 

macは高いから基本最新が欲しい。最新を待てば買ってから一年は最新のを使えるっていう、変な安心感がウリな気がしていたのだが…。

 

まぁ、アップルも時代の変化に合わせて変化したってことでしょうね。

 

 

 

時間内に成果を出すことは、残業よりきついですよ、辛さはとにかく。

当たり前のことかもしれないけれど、

仕事は残業なしでやる状況が一番忙しいです。

今それを実感しています。

 

残業続きなのが辛いのはわかります。

メイン開発者として(一人しかいませんが…)月80時間残業数ヶ月

→その後、休みも入れず炎上プロジェクトへ

というのが、よくあるパターンなのですが

(仕事のない部署の特徴だよなあ…)

不思議と精神的には、あまり参らないです。

メインで1つを担当しているときは、

横からの割り込みでPJ止まるから、割り込みをリカバーするという残業する正当な理由が生まれるわけですから残業による罪悪感とか生まれないし、

炎上しているプロジェクトは、

いくら働いても、どんな手を使ってでも鎮火させれば

良いので、あまり嫌いじゃないです。楽しいですよ、

無能のふりして、他部署から評価環境構築方法聞き出したり、

逆に、電話越しに一言一句ソース読み上げてあげて、

ここ、バグってますよね〜って指摘してやんわりと即対応しろ

と指示して見たり。場合によっては、切れて雰囲気悪くしてる

チームメイトにあえて意味もなく喧嘩ふっかけて見たりとか、

炎上してるプロジェクトは楽しいですよ。

やだけどね。炎上プロジェクトにありがちな、すべての作業を任される役目になると、テスト環境作って、テストデータ登録して、

テストケース作成して、バグ修正するとかいう役目。

これになると、あらゆる人から疑われる。

評価やってるプログラマに「環境が」とか

「データが」とか「デグレが」とか、すぐ言い訳に使われる。

滅多に、環境やデータのせいなときなかったけどね。

逆に俺は、そのどの言い訳も使用できない。これは嫌だった。

 

まあ、それでも炎上嫌いじゃないですよ。

ただ、性格は変わっちゃうけどね、、年々炎上プロジェクトに

参加させられるたびに何か黒いものが心に生まれていく。

そうやってプログラマは進化していくんだね。

 

炎上PJは辛い、だけど就業時間内に計画通りの作業時間で

求められるアウトプットを出すのってのはもっと難しい。

残業できたら、どれだけいいかと思うことも多々あります。

就業時間中に気をぬくなんてありえんだろ、と思う人もいるかもしれませんが、

気を抜けないというのが、きつい。

 

残業前提だと、長期戦だから、ここは気を抜いておいて、22:30まで働けるよう温存するとか、そういうふうに、心に余裕を持たせるような行動を取れるのよ。

ただ、そんなことやると、あかになっちゃうんだけど…

 

 

だから、就業時間中、フルに集中して、目標のアウトプットを出すということに専念すると、結構精神的には来るものがあるね。気が抜けないし、気をぬくと間に合わなくなるし、リスクが回避できなくなってしまう。早めに出せるものは出して、リスクを回避するように意識して仕事をしなくては…。頑張ります。