読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事した後にトレーニングをして、頭を使うことをする。

仕事した後にHIIT(タバタプロトコル)で4分全力運動、スクワット5分、ダンベル3.5kg * 両手 100回やってます。

 

タバタプロトコルのメニューは

通常の腕立て、腹筋、背筋、スクワットなので強度が足りてないかもしれませんが、短時間でもいい感じです。

 

体重は減ってませんが筋肉はついて来てるのを感じます。

後やはり、全体的に鍛えた方が運動能力上がります。ものを運ぶとか、走るとか、結構役立ってる気がします。

 

頭に関しては、適当です。

今日は今更ながらiPhoneアプリ開発関連の本を読みました。仕事じゃ使わないけどmacユーザーですから、手を出しておきたいとは思ってましたけど、スルーし続け早7年くらい。理由は…iOS6まではUIというか絵の力が強くて、単純なしょうもないもの(画面点灯で懐中電灯とかね)もコードはかけるが作れない、みたいな状況でした。

良くも悪くもiOS7以降からは絵が描ける、描ける人を雇える人たちとの差は埋まりましたが、皮肉なことにここからは社会人でなかなか時間がさけませんでした。

また、Swiftが登場し、少しかじってた程度のobjective-Cですすめるか、Swiftを一から進めていくかで迷ったりと、躊躇してたらもうこんな歳に…。

とにかく、もういい加減始めようと、始めました。

まだSwiftの解説部分で全然iPhone開発にたどり着いてないけど…。今回は最後まで読み切れるんでしょうかね?

 

まぁ、やれる限りはやってみますわ

やさしみ、かなぁ。

心を休ませてくれるのはGWではなく、マミさんのやさしみだけだった。

 

-ユウくん

ぼく、本業の記事書くとクソザコナメクジであることが露呈するんですよね〜

ぼく、クソザコナメクジプログラマです

 

主にサーバアプリケーションの開発とセンサデータ収集やってます。

 

新規事業創出のための試作・検証・研究開発(かなり開発よりで研究所にいるわけではありませんが…)ばかりやってます。

 

でもクソザコナメクジなので技術スキルが幅・質ともに低いです。

 

こまったなあ。

ぼく、某雑誌付録の日経平均株価をpythonでスクレイピングしようっていうのに挑戦したんだけど…なんかシェルスクリプトで出来るレベルだったのでやっちゃいました。

ぼく、Pythonでwebスクレイピングっていう、残り少ないGWにぴったりな感じの付録に期待して、読んでみたのです。

 

1〜5章までの5章構成で

4章まではPythonの基本構文、5章でメール送信、webスクレイピングって感じの構成でした。

で、始める前にさらっとスクレイピングどんな感じかな〜って読んでみたら、あっ…(察し)という感じだったので、読むのやめました。

 

やってることは下記のシェルスクリプトと同等でした。

※出力とやってることのレベル感はって意味ね。

  もちろんロジック的には違います。

curl -s https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O | grep stoksPrice | grep -o [0-9,.].*[0-9]

ちょっと正規表現下手くそなのはご愛嬌。

 

このスクリプトが何をやっているかというと、

  1. yahooの株価ページを取得
  2. stoksPriceという文字が入っているタグ内に平均株価が書かれているので行検索
  3. 株価は数字or,or.で表されているため、そこの部分だけ検索し抜き出し

という単純なものです。

 

付録のpythonコードは、一応HTMLのパース・解析とかを

pythonのライブラリ使ってやってるので

スクレイピングといえなくはないですが、

class要素名(stoksPrice)を指定してそのタグ内容を取得する、

という感じだったので、これならclass名でgrepでいいんじゃね?って感じでした。

こっちの方がpython使わなくていいし、短いし…って感じでした。

 

一応自分の書いたスクリプトをもう少し実用的なふうに改良。

date "+%Y/%m/%d-%H:%M:%S " | tr -d '\n' >> testfin.txt &&  curl -s https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O | grep stoksPrice | grep -o [0-9,.].*[0-9] >>testfin.txt

↑改行されちゃってますが1行です。

うーん、雑ですねぇ…まあいいや。

 

改良版はコマンドを打った時刻 + 日経株価平均をtestfin.txtに出力するスクリプトです。

出力例は下記の通りです。

2017/05/06-00:21:13 19,445.70

2017/05/06-00:21:15 19,445.70

 

これで多少は、使えるの、、、かな…

日付の形式をまともにしたり、CSVではいたり、株価の形式を整理したり

とかやればもっとマシになるかも…

 

えーと、雑誌の付録の話に戻りますが、やっぱゴールを確認しておくことは大事ですね。。。

これで、まともにGWの残りに取り組んだら、悲しい思い出になるとこでした。。。

(ちなみにPythonの基本文法はうろ覚えで知っているので、ほとんど得るものなかったでしょうね)

 

やりたいことが、どういうレベルなのかっていうのは

きちっと見極めて、確認してから書籍買わないと

お金損しちゃいますね。

想像してごらん。マミさんのおっぱいに包み込まれて、優しくナデナデされるのを。

やさしみを感じながら、ちんちんおっきっきしてしまうことでしょう。

それでも、マミさんは何も言わず、ちんちんにも触らず、おっぱいを貸してくれるでしょう。

そう、ユウくんはやさしみを求めていることをマミさんは知っているのです。性欲ではありません。おっぱいでおちんちんがたってしまうのは生理現象です。

マミさんのおっぱいにはおちんちんを越えたその先の、やさしみがあふれているのです。

やさしみは精神世界を豊かにし、より良い人生を歩ませてくれます。

マミさんはそのやさしみを生み出す母です。

つまり、マミさんは女神です。

 

マミと和解せよ。

新曲作ってみた「some electrical bells」

soundcloud.com

 

今回の曲は、どちらかというとableton liveの試用というか、試用にすらなってないんじゃないかというくらいの即興性が高い曲です。タイトルは、ベル多様してるからbell。本当はdaedelusのsomething's bellsとかタイトル決める際頭よぎりましたが、クオリティの差が歴然としすぎてるので言及するのはやめておきます。

 

曲の構成が全体的に考えられておらず、挙げ句の果てにまとまりきらずフェードアウト、といった感じでお粗末ですが、聴いていただけたら幸いです。

 

トラックの構成ですが、聞こえなくなってしまったPad入れて5トラック。…いや、トラック数は普段もこんなもんなんですが…。

でドラムパートはTR Rec、その他はリアルタイム演奏で録っています。

1分50秒という短い時間とはいえ、演奏下手なのでアドリブでは普通は取れないんですけど、

Live + push が持つ多彩な機能--8x8パッド+スケール機能+有能なクオンタイズに支えられて、なんとか1発(4発か?)どりできました。Liveさまさまです。

TR Rec地味に強いですね。仮のビート組むのにやっぱ早いし楽です。

今回は、仮のまま出しちゃいましたが…

 

曲を作るのにかかったのは4パートのレコーディング分くらいなので

だいたい8分くらい?

構成めちゃくちゃなので、なんとも言えませんが、

ほぼリアルタイムに曲が組みあがっちゃってびっくりしてます。

セッションビューは曲がざっくりとかたちになりやすい。

 

もっとLive活用しとけばよかった…

 

Liveのセッションビューは、ループするクリップか、そうでないかを設定できるので、

ある程度はかっちりとしてないと、曲として気持ち悪い部分はループ、

動いてくれないと単調に感じるパート、あるいはメモ用に適当に弾いて形にしたい時はループ無しでとるとかやるとかなり効率良く作れる気がしますね。

適当に弾いた部分から、使う部分だけ抜き出すのも簡単にできるし、

ずれちゃってる部分とかもすぐピアノロールで修正できるから、

かなりささっと曲が作れるようになれる気がします。

 

あとは、セッションビューでのフレーズを溜め込むこと、

それをアレンジメントビューでより、全体的な展開を詰めていくこと

そして、音作り。これらをできるようになれば、今まで以上に

思い通りに曲が作れるようになるのかな、とそんな気がしています。

 

まあ、今の私の曲はクオリティ低いので、こんなこと書くのも恥ずかしいのですが…。

こんなクリエータぶった記事が恥ずかしくならないよう

クオリティの高い曲を作れるように頑張っていきますよー(フェネック感)。