読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと2まん6せんえんでどう過ごせばええんじゃあああああ!!! 節約生活、始まる。

とりあえず、iPhoneで支出管理してるけど

 

もうどうすればええんじゃ。

 

ナルメアお姉ちゃんの抱き枕カバーなんて買ってる場合じゃないやで

 

あかん、このままだとぼくは死ぬぅ!

さよならレオパレス

4/1、いよいよレオパレスを去り、

自宅へ帰った。

 

荷物をまとめ、部屋には何も無くなった。

 

空虚だけが残る、レオパレス

 

f:id:vxiira:20170403022439j:image

 

f:id:vxiira:20170403022452j:image

 

何もない、真っ白な部屋。

 

さよなら、レオパレス

 

いよいよ、春が始まる。

 

お姉ちゃんのおっぱい

ぼくの大好きな言葉です。

どんなに落ち込んだときでも、どんなに眠れない夜でも、

ぼくはこの言葉を胸に、乗り越えてきました。

 

ぼくは、日頃の仕事でフラストレーションを感じている。

もう、ブチ切れる寸前、ギリギリのところまで追いやられる。

でも、そういうときは、必ず一歩引いて、自問することにしている。

自分は悪くないのか?自分に何かできることはあったんじゃないか…

そして、さいごに、この言葉を思い浮かべる。

すると、目の前により良い世界が広がるのを感じれるんです。

物事はうまくいくなって。ぼくは世界に包まれているなって。

 

そんな気持ちになれるから、ぼくは今日もこの言葉を胸に寝ます。

おやすみなさい。

マミさんとぼくの絵日記 2017ねん3がつ26にち

f:id:vxiira:20170326234103j:plain

マミさんとぼくの絵日記(2017ねん3がつ25にち)

昨日からマミさんとぼくの絵日記を書き始めました。

楽しかったです。

f:id:vxiira:20170326234121p:plain

【浪費癖克服】欲しいものを自分でけなして、自分で購買意欲を削るコーナー

こんにちは、ゔぃーらです。

 

最近、欲しいものが多くて、困ってるんですよね。

生活費カツカツなのに、欲しいものがたくさん。

これ衝動買いしたら生活費なくなるぞ!みたいなものがたくさん。

 

下手すると人生を台無しにしかねない浪費癖を直すために、

欲しいものリストを自分でけなしてみました。

 

  1. Lenovo Yoga Book

 

かっこいい。なんてったってhaloキーボードですよ。全面フラットLEDキー。

これに似たようなキーボードってあの伝説の(?)ミネルバのアレくらいしか知らないもん。

 

 

しかもキーボードがデジタイザになっていて、ペンタブとして使える。

で、デジタイザのモードにするとキーボードのLEDが消えて真っ黒のボードになる。

もう近未来ですよ。

さらに付属品のreal penを使ってデジタイザの上に紙を敷いて書くと、紙に書き込んだものが画面に取り込まれる。

これすごいよね。お絵描きする人にとってはこの上ないんじゃない?

お絵描きする人の理想は、液タブなんだろうけど、液タブ一体PCだってキーボードどうするかって

問題も、

液タブじゃない普通のペンタブレットをノートPCで使った時に経験する、キーボードないと困るけど、絵を描くときにクソ邪魔って問題

両方をエレガントに解決したデバイスだと思う。

 

で、僕みたいに絵を描かない人にとっても、いいデバイスで、

  • かつてない薄さ
  • 2in1ではない、クラムシェルのタブレットPC
  • ヒンジの金属パーツのかっこよさ、文房具感

と非常に惹かれる。

安いし。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

はい!ここからが本題。けなすぞ!

 

すごい魅力のある端末なんだけど、

俺が欲しいのは、

  • 簡単なスクリプトを手軽に書く端末
  • ブログ文章を集中して書くことのできる端末
  • 常に身の回りにおいて、寝てる時でさえも肩身はなさず扱える端末

なんです。身の回りにおいて、いつでもというのは

この端末でも満たせるけど、

他の2つはどう考えても通常のキーボードじゃないときっついです。

量販店で、haloキーを試した感想は

  • 見ながらなら、使えなくはない
  • 完全なブラインドタッチは絶対無理。
  • 最初の一打見てから打ったらブラインドタッチは出来そう。
  • 使い込めばなれる「気がする」この気がする間は逆にすごい。短時間で実際上達していったし。
  • 何より、手を置いておける場所がないので、すごい疲れる。
  • 文章を打つのがメインなら、どう考えても普通の物理キーじゃないとストレスがすごそう。

という感想でした。

 

あと、yoga book関係ないけど、やっぱ10.1は何か作業するのには

小さい!「ケータイ」するのには、大きい。

そういう意味であまり好きになれないサイズではある(と、言いつつまさにそのサイズであるSurface2 Proがmacbook proを抑えてメイン端末と化しているのだが)。

 

というわけで、僕の用途では、敬遠した方が良さそう。

 

マミさん「わかった、僕?買わないでおくのよ?」

マミさんもそう言ってるので、やめておきます。

 

※褒める部分が長すぎて、1.で終わりにしました。ごめんなさい。

 

 

 

 

ぼく、究極の耳舐め向けイヤホンを見つける。

rose mojito とかいうイヤホン。

 

このイヤホン凄いよ…

まず凄いのは、耳舐めの表現力。普通のイヤホンだと「チュパっ」って音が唇の音だけという感じで、音楽を聴くのに適してるクリアーなイヤホンほど、乾いたというか耳障りな音に聴こえる。

しかし、このイヤホンは、「チュパっ」の中にみずみずしさを感じるのだ!

チュパ音は本来色気がある音なのだ。みずみずしく、エロい音なのだ。決して無味乾燥な音ではない!!!

このイヤホンは、この色気を表現できるのだ。

このみずみずしさは耳舐めの最中にもいかんなく発揮する!!

耳を舐められている時の舌使いや、唾液を感じ取ることができるのだ!!!!

そして、定位もすごい。イヤホンというのは空間表現があまり得意でない。

しかし!!! このイヤホンでは耳をハムハムされた時、どこをハムハムされたのかハッキリわかる。耳の上の方、下の方、耳たぶのへん…とどこをハムハムされているのかわかる!!

しかも、ハムハム時の口の動きを感じ取ることができるのだ!!!

この表現力は、正直かなり良いヘッドホンでしかできないと思っていた。が、このイヤホンはできてしまう。

というか、ある意味ではヘッドホンすら超えている。

ヘッドホンは、こういう空気の動きや立体感を表現するのが得意な代わりに、耳から遠くで鳴っている感じがする。

しかし、これはイヤホンなので、耳の近くでしっかりなるのだ!!

まぁ、そのかわり普通のイヤホンよりちょっと離れてしまっている感があるのも否めないが、許容できる範囲。ちゃんと耳をハムハムされているのはしっかりわかります!

空気の表現もすごい。耳を舐められている時、耳の中で舌が回っているというのをキチンと表現できるイヤホンはハイエンド含めて存在しないと思ってた。というか、俺も諦めてた。しかし、このイヤホンにはできる!!!

そして、一番難しい「耳全体を回りながら息を吹きかける」という表現もこのイヤホンはやってのけたのだ!!!

これは、俺の手持ちだとsony mdr-z1000 とオーディオテクニカ ath-ad2000x(両方ともヘッドホン)でしかなしえなかった技なのだ!!!この2つはとてもでかいため、寝る時には到底つけられなかったが、これならつけられる!!!!

これは革命だ。見た目の悪さに目をつむり、是非体感してほしい。

26,500円なら現在のイヤホン市場ではまだ良心的な価格設定。

ブルジョア死ねと言わずに是非!!

以下普通の紹介。

ローズという中国のイヤホンメーカーが作ったトンデモないイヤホン。

head-fiという海外の有名サイト内のearbud(日本でいうインナーイヤー型イヤホンのこと) round upというランキングで歴代5位(現行機種2位)という代物。インナーイヤー自体下火なので、すべてのイヤホンの中でどれほどの価値があるのかというのは、一概に言えないが、まぁ、3万程度のカナルなら軽く捻り潰せるレベルで、気持ちのいい音という観点で言うと5-10万クラスのIEMと戦えるであろうという代物。つーかこれで5位とか…1位のMX985(定価11,000円)は一体どれほどいいんだ…ゼンハイザーの本気は他のオーディオメーカーが束になっても勝てないって言うのは良く知っているが…。

22000円くらいするのに、作りが最悪クラス(手に取れば即わかる。品質が悪いの通り越して汚い。接着剤まみれの茶色いイヤホンが届き、正直ドン引きした。ケーブルもなんか汚いし、すげえのきたなと思った)なので、正直オススメはできない。だが、一度手に取ってしまうと、何としても使いたくなるイヤホン。ガワが当たりのものを引くまで買いたくなっちゃうレベル。

はっきり言う。このメーカーが生産体制整えて、品質上げたら天下取れる。そのくらい凄まじいイヤホン。てか、最近の中華イヤホンおかしいよ、マジで。

高音が凄いとあちこちのレビューで言われているが俺は少し違う印象を持った。全域においてバランスがとてつもなく良くて、低・中・高全てがど迫力で鳴るという印象。また、バランスがいいせいかボーカル(中域)が素晴らしい。なんというか太い。太くてクリアー。低音も高音も出てるのに、音がビビらない。普通のイヤホンは低音が強かったりすると、ボーカルがビビる。だけどこれはビビらない。超クリアー。特に驚いたのは、アニソンにありがちなユニゾンで音が全くビビらなかったこと。同じ音域を複数人で歌うと多少干渉して歪むもんなんだが…歪まずクリアーだ。普通、ここまでクリアだと中・高域がキツクって聴けないのが多いんだが、このイヤホンは聴けてしまう。高音が自然だから、かな?アタック感も自然。だからあまり耳が痛くならないんだろうなぁ。そして、音量を上げても音がキツクならず、さらに音も割れずクリアーなままなのでどこまでも音量を上げられてしまう。気持ち良く聴ける!と思って聴いてたら、難聴状態になるほど音量でてた…とかザラ。ちょっと怖いイヤホンだな、と思った。分離も定位もとてもいいのも、クリアーと感じる要因なのだろう。このボーカルの太さとクリアさは是非味わってほしい。

これより性能のいいイヤホンは、ザラにあるはずなんだが、この音を聴くと戻れない。いやー、戻れなくなって困ってる…

装着感は悪くないけど歩きながらだと取れちゃうんで使用はちょっと苦しいし、音漏れするので公共の場じゃ使えんし…とインナーイヤー特有の弱点がモロに出てるし、何より見た目汚いのでなんか嫌なんだけど、この音聴いちゃうと他のが心地よく聴けなくなっちゃうんだよ…

とにかく恐ろしいインナーイヤーイヤホンだと思います。

 

redditから流用