レクサプロの副作用

現在、私はとある不安症でレクサプロという抗うつ薬を服用している。副作用は少ない薬だが、やはり多少の副作用はある。

 

レクサプロの副作用で、毎朝早起きになった。早期覚醒という奴だが、タイミングが悪くなく放置していた。4:50-6:00くらいに毎朝起きて、毎朝朝食作って食べてから出社する健康的な生活になった。

iPhoneで複数設定してたアラーム全てが無意味となり、毎朝無意味に鳴るアラームをめんどく下がりながら止める、そんな生活だった。

 

ところが、最近、早期覚醒のタイミングが早くなった。夜中の2:30だの3:00だのに起きるようになった。

 

さすがに、早すぎて身支度、朝食はもちろん、意識高いいわゆる朝活もする気にならない。

 

さすがに困った私は主治医に相談した。

レクサプロの服用時間を夕方から朝に変えればよいとのことだった。

 

しかし、変わらない。朝早起きになっているのは副作用なのだろうが、3時に起きるのは別の問題があるのだろう。

 

さらに困ったことに、朝に変更したことで、眠気が業務中に出るようになった。一般に夕方服用するのは、眠気が出ないようにするためとのことなので今まで意識してなかった副作用が顕在化するようになったということだ。

 

でも、嬉しいこともある。

それは、レクサプロの効果が業務中に強く出ているということ。眠い代わりに、症状が出ない。最近はレクサプロの効き目が弱く感じるようになり、症状が業務中に出るようになってただけに、嬉しく思う。

 

服用し始めの感想が「眠くて仕方ないが、症状が出ないし、さらに仕事が立て込んでも不思議と1つのことに集中できるので、結果的に仕事の生産性が上がった気がする。眠気は出るけど、集中はできるという不思議な感覚」というものなので、眠気が出るほうが効いているということなのかもしれない。

 

だから、しばらくは眠気について様子見してから、主治医と相談することにしよう。